ga042 会計プロフェッショナル入門レビュー

1.序

JMOOCの活動にはいろいろ参加しているが、講座の受講自体は最近おろそかになっていたため、久しぶりの修了となる。

JMOOCのフェイスブックグループ、「gaccoコミュニティー」において、JMOOCを普及させるために受講者側ができることは、「正当に評価し続けていくこと」という意見が出た。

そこで、僭越ながら、今回修了した「会計プロフェッショナル入門」を私なりに評価してみたい。正当とまではいかなくとも、真摯に評価することを心掛けたつもりである。

2.概要

当講座は明治大学専門職大学院会計専門職研究科による入門レベルの会計学の講座である。大学院が行っている講座であるものの難易度としては決して高くなく、商学部や経営学部の1年生が学ぶような内容である。帳簿の記入方法のみならず、実例を挙げて財務諸表の読み方などを学んでいくなど実務的な講座である。

3.想定される受講者

想定される受講者としては、商学部や経営学部に興味のある高校生や、就職活動を控えた大学生、あるいはこれまで会計学を学ぶ機会がなかった社会人等であると思われる。すでに専門的な会計学の学習を行っている者にとっては基本中の基本のおさらいになると思われる。

4.当講座の評価

ⅰ)質

当講座の強みとしては、実際の企業の例を見て学ぶことができることと、スライドがまとまっていることであると感じた。一方で、当講座の弱みとしては、口頭での説明が若干冗長であることと、途中で音声に違和感を覚えることであると感じた。総じて当講座の質は中程度であると感じた。

ⅱ)有益性

当講座では、EDINETを用いて実際の有価証券報告書を見たり、実際の企業の業績比較を行ったりなど、実務的な学習ができることから、当講座の有益性は高いと感じた。

ⅲ)面白さ

当講座は、単調な仕分け作業ではなく、財務諸表をどう読むか、その財務諸表はどのような会計基準に基づいて作成されていくのか、という内容のある学習を行うことがあることから、当講座の面白さは高いと感じた。

ⅳ)難易度

当講座は前提知識を必要とせず、入門的な内容がほとんどであるが、Week4の会計基準の国際化やCVP分析など、初学者には難しいと感じる部分もあったため、総じて当講座の難易度は中程度であると感じた。

有益性 面白さ 難易度
3

評価基準

◎→誤りが少なく、かつ画像や音声等の体裁が整っており、かつ分かりやすいと感じる

○→誤りが少なく、かつ画像や音声等の体裁が整っていると感じる

△→誤りが多い、または画像や音声等の体裁が乱れている、またはわかりにくいと感じる

有益性

◎→講座から得られる知識や考え方が仕事や日常生活で活かせるよう感じる

○→講座から得られる知識や考え方が場合によっては活かせる機会があるよう感じる

△→講座から得られる知識や考え方が活かせる機会はあまりないよう感じる

面白さ

◎→非常に面白く感じた

○→面白く感じた

△→面白く感じることができなかった

難易度

5→講義や課題を難しいと感じ、講義を1度視聴しただけでは修了できないと感じる

4→講義や課題を難しいと感じ、講義を1度視聴しただけでは修了できない可能性があると感じる

3→講義や課題に部分的に難しいところを感じるが、講義を1度視聴すれば修了できると感じる

2→講義を1度視聴すればほとんどの課題に答えることができると感じる

1→講義を1度視聴すればほとんどの課題に答えることができ、かつボリュームが小さく感じる

他の講座のとの比較はこちら

2015.10 受講表(公開用)

5.今後の展望

当講座は明治大学専門職大学院会計専門職研究科によるものであるが、同大学は商学部や経営学部も存在し、学生数も多いことから、学内・学外に与える影響力はあると考えられる。従って、当講座が学びの一形態としての(J)MOOCの発展に寄与できる可能性は高いと考えられる。

また、個人的な希望ではあるが、公会計制度についてより詳しい講座が開講されることを望む。

6.推奨テキスト

田中建二(2015)『財務会計入門 第4版』中央経済社

山浦久司・廣本敏郎(2012)『ガイダンス 企業会計入門-手ほどき絵ほどきA to Z』白桃書房

7.関連講座

gb001: 《実務・資格講座》はじめての簿記 スッキリわかる日商簿記3級

https://lms.gacco.org/courses/re_gaccoBiz/gb001/2015_09/about

gb005: 《実務・資格講座》ビジネスパーソンのための会計入門~はじめてのビジネス会計検定試験®3級~

https://lms.gacco.org/courses/course-v1:gaccoBiz+gb005+2015_09/about

財務諸表の「作り方」に興味のある受講生は「はじめての簿記」を、財務諸表の「読み方」に興味のある受講生は「ビジネスパーソンのための会計入門」を薦める。両講座とも前提知識を必要としておらず、「会計プロフェッショナル入門」と比べても平易である。

(Written by Ootsuka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中